菜の花 88号を収穫中 

カテゴリ:菜の花(つみ菜用)

中生の花かざりは3月18日で終了

21日に漉き込んだ

20200321_170902.jpg

かなりの残差が残ってるけど 強行してコシヒカリを植えるつもり


そして晩生の伏見88号は3月15日ごろから本格的に収穫開始したけど

白さび病を放置したためか葉色がかなり悪くなってます。

20200331_073102.jpg

それに花蕾が小さく色も薄い

一時期10箱も収穫できたけど今は2~3箱程度

20200331_073132.jpg

ただよそが出荷を止めてしまってるので値段は上がってきて

今のところ1束200円


そして2月15日に蒔いて3月18日に植えた88号

少しだけ大きくなったけど収穫できるのか心配です。

20200402_065447.jpg

早生品種の京の春も少し蒔いて同じように植えたけど

小さいのに蕾ができてしまってる

20200402_065255.jpg

3畝くらい植えたからこれは失敗になりそう

袋書きには2月中頃の種まきも可能なように書いてあったけど

やっぱりだめでした。


田植えの準備をしながら収穫を続けてますよ。

田植え開始 

カテゴリ:2020稲作

今年はかなりの面積のよその代掻きを頼まれて

予定がいっぱいになってきたので

我が家の田植えを2日ほど予定より早く8日に植えました。

心配してた浮き藁ですが

田んぼに入水を5日ほど早くから入れて

水を切らさないようにしたことと

荒代の深さを深くしてロータリーの回転を遅くしたら

ほとんど目立たなかったです。


20200408_112706.jpg

いつものように田植え機のワダチで回り植えの苗の位置を目印にした

ハスワ植えの畔際クラッチの切り替えも目印を頼りにするから簡単

20200408_113824.jpg

周回植え最後に出てくるところですが

ばっちり幅が合ってるのがわかりますか?

20200408_113928.jpg

代掻きから1日置いて田植えをしたので

水がかなり少ない状態で植えたけど、ばっちり植わったと思う。

冬場の気温が高くジャンボタニシが心配で

植え付け深さを浅くしたので田植え後の入水を翌日にした。

浅くしても少しでも根が土を捕まえてくれると浮き苗が減るから

20200408_151241.jpg

これだけ水のない状態でそのままにしたけど

ちょっと勇気がいったかな

20200409_065402.jpg

今朝水を入れてきたけどばっちりです。

深水にしすぎないようにしてべったり野萎えてしまわないようにします。

今日は次の田んぼを代掻き

明後日田植えをします。

4反くらいずつ 6回に分けて田植えの予定です。

ハロー320回転で代かき 

カテゴリ:2020稲作

今年も菜の花の栽培あとは残渣がの量が半端なく多かった

根っこの大きなのがゴロゴロしてて

これで田植えができるのか心配になってきて

代かきをひと工夫してみました。

sirokaki.png

耕深をなるべく深くして、ハローの回転数をメーカーは540回転を推奨してるけど

320回転くらいまで落としてみました。

結果は思い通りに菜の花の根っこがほとんど見当たらないくらいになった。

それでほかの田んぼも稲わらがだいぶ残ってるので

同じように代かきして浮き藁は全く出ませんでした。

PTOは1速でもエンジンの回転数を下げないと320回転にならないので

エンジンは1500回転に下げて

その分トラクターの速度が遅くなるので4速に入れての代掻きにしました。

大きな雑草が生えてるところは少し残草が見られましたが

気になるほどでもなかったです。

去年の稲わらが残って田植え機のローターで練りこんだのを思えば

今回は正解だったと思ってます。

動画です


オクラのトンネルに穴開け 

カテゴリ:オクラ

今年は好調のオクラですが4月8日から

トンネルに穴開けを開始した。

トンネル内の最高温度が30℃を越えないようにとのことですが

最低温度も気になって35℃を目安に穴を開けてます。

20200420_064523.jpg

今朝の様子ですがこれだけ穴を開けても

昨日の最高温度は41℃ありました。

まだ穴開けを続けないと行けない。

トンネル内の温度を低めにしていくと

葉が大きくなりすぎず 節間も伸び上がらないので

実の付く間隔が短くなり 多収に結びつく

温度を高めにすると露地栽培のように

オクラの勢いが強すぎて着果節が低い位置になるから

収穫開始が遅れてしまうようです。


動画です

コシヒカリの田植えは4月19日で終了 

カテゴリ:2020稲作

だんだんと年齢が進むと体力も落ちてきて

田植えを1日3~4反にしてのんびりとやってきたけど

順調に進んで予定より1日早く終わりました。

心配なのがジャンボタニシ

今年も暖冬で氷点下になることがなかったから

かなり生き残ってるだろうな。

4月20日水没苗

4月20日に大雨が降って完全に水没した苗

落し口のない田んぼはそのままの状態

最初の10日間くらいはタニシも悪さをしないはずだけど

果たしてもうすでに食われてしまってるかもね。


21日からよその代かきと田植えを手伝いに行ってます

2町を2日で代かきして今日から田植えの予定

がんばりまっせ・・・

伏見88号 最終種まき分の収穫開始 

カテゴリ:菜の花(つみ菜用)

11月15日に蒔いた88号はしぶとく収穫を続けてましたが

いよいよ蕾の発生もなくなったので昨日で終わりました。

20200424_160143.jpg

すぐに漉き込んだ。


そして2月15日に種まきした88号ですが

今年初めての5月採りに挑戦してみたのですが

4日くらい前から収穫してるけど

樹が小さいのに蕾が出るから小さいのしか採れない

それでもなんとか出荷できそうなので

収穫を続けてみようと思ってます。

20200424_163400.jpg

京の春も蒔いてるけど小さなのが伸び上がるだけで

すぐに花が咲きそうなので切り落としを続けてます。

20200424_163432.jpg

88号の蕾ですがこんなに小さいです

束をするのに苦労してますがなんとか1日1箱ていど出荷できそうです。



よその代かきと田植えの手伝いはなんとか終わりました。

これからゴーヤの苗植えとオクラの手入れが待ってます。

≪前月 |  2020年04月  | 翌月≫

ブログパーツ